top of page

商品名の検討段階における手続き

・事前の先行調査が重要


使用を開始する商標が、他人の登録商標と同一又は類似するもので、使用する商品・役務がその登録に係る指定商品・役務と同一又は類似するものであれば、その商標の使用は、商標権の侵害となってしまいます。


したがって、事前の先行調査を行い、その商標が安全に使用できるか十分に調査をしておく必要があります。実際に商標登録を行わなくても、事業を安全に行うために、J-platpat等を用いて先行調査を行っておくことをお奨め致します。


仮に侵害となってしまうと、損害賠償請求される場合があり、また途中で商品名を変更することになる場合があります。そうすると、その後の商品の製造・販売にも大きな支障をきたすこととなります。このため、商品名の使用を開始する前に、事前の先行調査を行うことをお奨め致します。


・先行調査の欠点


十分な先行調査が重要でありますが、100%安全と言い切れる完璧な調査は実施できないことに注意すべきです。


これは、調査者の能力ではなく、そもそも他人の商標登録出願とその公報の発行にタイムラグがあります。J-platpatに検索対象として商標登録出願が加えられるまで、通常出願日から1~2ヶ月程度の時間を要しています。マドリットプロトコルの国際登録に基づいて日本に拡張される出願は、J-platpatに検索対象として商標登録出願が加えられるまで、さらに時間を要します。


このように、先行調査では検索に加えられない他人の商標登録出願が存在するブラックボックスがあり、100%安全と言い切れる完璧な調査は実施できません。


したがって、万一のリスクがないかどうかを確認するため、商標登録出願が完了した後も、ブラックボックス期間内に出願された他人の商標登録出願がないか、念のためにモニターしておくことが重要だと思われます。


・まとめ

 

商品名等を安全に使用するためには、事前の先行調査が非常に重要となります。商標登録出願を行わなくても事前の先行調査は行うことをお奨め致します。

しかし、事前の先行調査は100%安全と言い切れる完璧な調査はできません。

この点を認識したうえで、先行調査や商標登録出願後も、他人の先行商標登録出願についてモニターしておくことが重要です。





 


最新記事

すべて表示

知財面から見たホームページ作成の際に注意すべきこと

商標権に関する注意事項 1.創業の際の自社ホームページ 自社のホームページに掲載する商品・サービスの標章について、他人の登録商標と同一又は類似する標章を使用してはいけません。そこで、掲載前に事前にj-platpatなどで登録商標を検索して登録されていないことを確認する必要があります。 2.ECサイト (1)タイトル、ロゴの商標登録をお奨めします 通常、ウェブサイトで商品を販売する場合は、商標登録す

会社名の商標登録をしないとどのようなリスクがあるか?

会社名の登記と商標登録は異なります 会社名は法務局で商号として登記をしますが、登記と商標登録は全くの別物です。このため、商標登録をしていなければ、自社の会社名(商号:株式会社ABC)と同じネーミング(ABC)を他社が商標として使用したとしても、それを止めさせることができません。 会社名の商標登録をしない場合のリスクは? 仮に自社(商号:株式会社ABC)がそのネーミングを他人より先に使用していたとし

商標登録をして商標権を持つとどのような利点があるか?

商標登録されるということは、国内でその商標を指定の商品またはサービスに独占的に使用できることを意味し、登録された商標について他に同一又は類似の商標がないことを意味します。同時に、登録された商標について原則自由に使用することができます。 そうすると、商標登録者は、他人が既に商標権を持っているのではないか、とうい心配をすることなく、事業を安心して行うことができます。 つまり、商標登録を行うことは、自ら

Comments


bottom of page