top of page

商標登録をして商標権を持つとどのような利点があるか?

 商標登録されるということは、国内でその商標を指定の商品またはサービスに独占的に使用できることを意味し、登録された商標について他に同一又は類似の商標がないことを意味します。同時に、登録された商標について原則自由に使用することができます。


 そうすると、商標登録者は、他人が既に商標権を持っているのではないか、とうい心配をすることなく、事業を安心して行うことができます。


 つまり、商標登録を行うことは、自らの権利、ブランドを守るだけではなく、登録者自身が不安や迷いなく商標を自由に使用できるという利点があります。


 商標は商品のネームやロゴなどを保護するものであり、ブランドと密接に結びついています。ブランド構築のためには、そのネームやロゴなどを使用し続ける必要があります。労力をかけて信用を蓄積したネームやロゴで示されるブランドが、他社の商標を侵害していた場合、そのネームやロゴを放棄せざるを得ないだけでなく、損害賠償請求されてしまうリスクがあります。


 特に中小企業・個人事業主の皆様は、事業のリスクヘッジの観点から商標登録を行うことは非常に有用であります。

最新記事

すべて表示

知財面から見たホームページ作成の際に注意すべきこと

商標権に関する注意事項 1.創業の際の自社ホームページ 自社のホームページに掲載する商品・サービスの標章について、他人の登録商標と同一又は類似する標章を使用してはいけません。そこで、掲載前に事前にj-platpatなどで登録商標を検索して登録されていないことを確認する必要があります。 2.ECサイト (1)タイトル、ロゴの商標登録をお奨めします 通常、ウェブサイトで商品を販売する場合は、商標登録す

商品名の検討段階における手続き

・事前の先行調査が重要 使用を開始する商標が、他人の登録商標と同一又は類似するもので、使用する商品・役務がその登録に係る指定商品・役務と同一又は類似するものであれば、その商標の使用は、商標権の侵害となってしまいます。 したがって、事前の先行調査を行い、その商標が安全に使用できるか十分に調査をしておく必要があります。実際に商標登録を行わなくても、事業を安全に行うために、J-platpat等を用いて先

会社名の商標登録をしないとどのようなリスクがあるか?

会社名の登記と商標登録は異なります 会社名は法務局で商号として登記をしますが、登記と商標登録は全くの別物です。このため、商標登録をしていなければ、自社の会社名(商号:株式会社ABC)と同じネーミング(ABC)を他社が商標として使用したとしても、それを止めさせることができません。 会社名の商標登録をしない場合のリスクは? 仮に自社(商号:株式会社ABC)がそのネーミングを他人より先に使用していたとし

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page