top of page

知財面から見たホームページ作成の際に注意すべきこと

商標権に関する注意事項

1.創業の際の自社ホームページ

自社のホームページに掲載する商品・サービスの標章について、他人の登録商標と同一又は類似する標章を使用してはいけません。そこで、掲載前に事前にj-platpatなどで登録商標を検索して登録されていないことを確認する必要があります。


2.ECサイト

(1)タイトル、ロゴの商標登録をお奨めします

 通常、ウェブサイトで商品を販売する場合は、商標登録することをお奨め致します。

例えば、ECサイトのタイトルを商標登録していない場合、他社が同じタイトル名でウェブサイトを運用したり、同じ名前の商品を販売しても、差止めすることができません。自社のブランド構築が非常に困難になります。

 さらに、他社に自社のECサイトのタイトルを商標登録される危険性があります。この場合、自社sのECサイトのタイトルを変更する必要もでてきます。

 したがって、ECサイトのタイトル、ロゴ、商品名などは商標登録することをお奨め致します。


(2)ECサイトの商標登録の留意点

 指定商品・役務を決める際に、現在の自社のビジネスの範囲だけでなく、同じ名称で他社がビジネスを行ってしまったら困る範囲まで、視野を広げて検討することをお奨め致します。

 例えば、自社で食品についてのポータルサイトで広告収入を得ていた場合、食品を販売していなくても、指定商品は「広告」だけでなく、「食品」や「食品の小売業務」などを含めておいた方が良いと考えます。将来、そのポータルサイト経由で食品の販売をする可能性があるためです。また、他社が同じ名称で「食品」のECサイトを始めると、自社のECサイトと思って誤って他社のECサイトに流れてしまう可能性があるためです。


3。著作権に関して

 ホームページで他人の写真、絵、イラスト、キャラクターなどを掲載することは、後述する引用に該当しない限り、原則著作権の侵害に該当します。なお、フリー素材は用いることができますが、利用時の注意事項を読み、利用の範囲を守るようにしてください。

 ここで、引用とは、文章の場合、自分のオリジナルの文章が多くの部分を占め、質的にも量的についても主であり、自分のオリジナルの文章の説明や補強として他人の文章を利用することをいいます。




最新記事

すべて表示

商品名の検討段階における手続き

・事前の先行調査が重要 使用を開始する商標が、他人の登録商標と同一又は類似するもので、使用する商品・役務がその登録に係る指定商品・役務と同一又は類似するものであれば、その商標の使用は、商標権の侵害となってしまいます。 したがって、事前の先行調査を行い、その商標が安全に使用できるか十分に調査をしておく必要があります。実際に商標登録を行わなくても、事業を安全に行うために、J-platpat等を用いて先

会社名の商標登録をしないとどのようなリスクがあるか?

会社名の登記と商標登録は異なります 会社名は法務局で商号として登記をしますが、登記と商標登録は全くの別物です。このため、商標登録をしていなければ、自社の会社名(商号:株式会社ABC)と同じネーミング(ABC)を他社が商標として使用したとしても、それを止めさせることができません。 会社名の商標登録をしない場合のリスクは? 仮に自社(商号:株式会社ABC)がそのネーミングを他人より先に使用していたとし

商標登録をして商標権を持つとどのような利点があるか?

商標登録されるということは、国内でその商標を指定の商品またはサービスに独占的に使用できることを意味し、登録された商標について他に同一又は類似の商標がないことを意味します。同時に、登録された商標について原則自由に使用することができます。 そうすると、商標登録者は、他人が既に商標権を持っているのではないか、とうい心配をすることなく、事業を安心して行うことができます。 つまり、商標登録を行うことは、自ら

Comments


bottom of page